忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

クーペ

クーペ



現在販売されている国産クーペって・・・

86とBRZ

フェアレディZ

スカイラインクーペってまだ売ってる?

あとは・・・

最近、クルマ情報に疎いもので・・・

わかりません・・・









拍手[0回]

PR

650馬力のコルベット

650馬力のコルベット



たまにはクルマ関連の情報を・・・


モアパワー! モアトルク! 650馬力のコルベットがお披露目!


650馬力ってどんだけ~



うん、カッコいいです。

価格は記事によりますと・・・

「シボレーコルベットZ06クーペ 7段MT車はすでに発売済みで、車両本体価格は1265万円から1588万(税込)。クーペ8段ATとコンバーチブルは2015年冬の発売予定で価格は未定だ。」

・・・

パス!

アマゾンで販売しているクルマくらいで十分でしょう。



BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車 ローン (60回) 頭金 メタリックカラー ソーラー・オレンジ

99万円、関東への配送料無料です。

でも、よく見ると・・・

車両本体価格 546万円(消費税込)」と書いてありました。

では、この「99万円」って何?

・・・あっ!頭金ね。

「スタンダードローン(60回払)」となっていました。

・・・

俺は電車でいいよ・・・

最後に自分で買ったクルマは「HONDA LIFE」だったなぁ・・・

昔はトレノにも乗ってたけど・・・


【悲報】トレノの持ち主に警察官「ライトを動くように改造するなんて危険だ!」→もうそんな時代なのか


この主さんと同じトレノに乗ってましたが・・・

もう忘れ去られたクルマなんですね・・・

ちょっと悲しい・・・









拍手[0回]

三菱 ランエボ、生産終了へ…英国では歴代最強モデルが60分で完売

三菱 ランエボ、生産終了へ…英国では歴代最強モデルが60分で完売



「三菱 ランサーエボリューション」が生産終了になるんですね・・・

Yahooのニュースで知りました。


三菱 ランエボ、生産終了へ…英国では歴代最強モデルが60分で完売


生産終了についての記事はこちら。


三菱自、四駆スポーツ車「ランエボ」生産終了へ



ランサーエボリューションXの商品ページ


http://www.mitsubishi-motors.co.jp/evo/






   



blogramのブログランキング   


拍手[0回]

可夢偉がケータハムと契約、いよいよF1復帰へ

可夢偉がケータハムと契約、いよいよF1復帰へ




ケータハムつながりで・・・

こちらもヤフーニュースで「可夢偉がケータハムと契約、いよいよF1復帰へ

今年のF1、続々と各チームのドライバーが発表される中、ケータハムの2名のドライバーだけが決まっていませんでした。

それが今日、こんなうれしいニュースとして発表されたわけです。

いよいよ小林可夢偉がF1復帰です。

正式発表は1月28日ということですが、まず間違いない情報・・・だと信じたいです。

昨年、最下位になってしまったケータハムを小林可夢偉がどこまで再起させられるか。

今年のF1は面白くなりそうですね~



 



blogramのブログランキング   


拍手[0回]

ケータハム・カーズ・ジャパンは、12月1日より、新エントリーレベルモデル、セブン130の販売を開始致します。

ケータハム・カーズ・ジャパンは、12月1日より、新エントリーレベルモデル、セブン130の販売を開始致します。





グランツーリスモ6を通して、ゲームの中のクルマについて書いてきましたが、これからは現実のクルマについても少しずつ書いていこうと思います。

ということで、1発目。

ケータハム・セブン130

車両本体価格 : 3,496,500円(消費税込)



詳しい情報はヤフーニュースを見ていただくとして「英国製「軽」スポーツカー今春、日本に上陸 熱烈なモーターファンに性能面でも衝撃

2014年は「軽スポーツ」に注目!

やはり1番人気はホンダの「S660」でしょうね。



東京モーターショーでコンセプトカーとして発表された「S660」



ほぼ市販モデルと言っていいほどのカタチをしています。

でも年内の販売は難しいようで、2015年発売目標となっているようです。

そして、もう1台。

ダイハツ・新型コペン



市販モデルはモーターショーで発表されたオープンモデルではなく「D-Rエステート」という下記のような車体モデルになるかもという噂です。



とは言っても、着せ替え可能なボディですから、オープンモデルはオプションで可能となるのでは・・・

さらに、もう1台。

「スズキ・新型カプチーノ」と言いたいところですが・・・

東京モーターショーでは「Crosshiker(クロスハイカー)」というコンセプトモデルを発表したスズキ。



新型カプチーノに関する情報はあまりありません。

しかし、スズキのエンジンだけは新しい軽スポーツカーに搭載され、販売されるわけで・・・

それが最初に紹介した「ケータハム・セブン130」です。



「ケータハム・セブン130」に搭載されるエンジンはスズキのK6A型。



「ケータハム・セブン130」はセブンの新たなエントリーモデルとして、スズキの660cc 3気筒DOHCターボエンジンと5速マニュアルトランスミッションを採用したのです。



この画像はコンセプトモデルではなく「ケータハム・セブン130」として販売される市販モデルですのでお間違いのないように。



この画像も「ケータハム・ジャパン」の公式サイトからお借りしました。(「ケータハム・セブン130」の商品ページはこちら



ということで、すでにこの「ケータハム・セブン130」は昨年の12月1日から販売開始されております。



今年の春頃には街中を走り始めるということです。

もちろんこの「ケータハム・セブン130」はエンジンだけではなく、車両も軽自動車の規格で作られていますので、れっきとした軽自動車です。

ホンダやダイハツの新型軽スポーツカーよりも先に輸入軽スポーツカーが日本の道を走り始めるわけですね。

まぁお値段がお高いので、台数的には少ないでしょうが、今後の軽スポーツカーブームのスタートには十分なニュースとなるでしょうね。




 



blogramのブログランキング   

拍手[0回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
7
10 11 12 13 14
15 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索



Prime Music

Amazonプライム会員なら100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題

コガネモチ

グーバーウォーク

ブログ内検索

広告

カウンター