忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

ハタヤ シンサンデーリール コードリール C-20

ハタヤ シンサンデーリール コードリール C-20



アマゾンで注文して、今日届きました。




ハタヤ シンサンデーリール コードリール C-20




20mのコードリールです。




屋内用ですが、今予定しているのは外での利用です。




防塵シャッター付き。(屋外用だと防水キャップが付きます)




何をする予定かといいますと、玄関前に立っている樹の枝を切るのです。

もちろん活躍するのは「BOSCH(ボッシュ) 電気のこぎり〔PFZ500E〕 」です。




我家で一番活躍している電動工具です。

作業は明日かな?

遅くても来週中にはやる予定です。


 




           


blogramのブログランキング   



拍手[0回]

PR

シューズドクターN カラーバリエーション

シューズドクターN カラーバリエーション

いまさらですが・・・

シューズドクターNには3色のカラーバリエーションがあったんですね~

ブラックだけだと思っていたのですが・・・



HC-003 シューズドクターN ブラック BP 50ml[HTRC3]




HC-002 シューズドクターN ブラウン BP 50ml




HC-001 シューズドクターN ホワイトBP 50ml[HTRC3]




以上のようにブラック、ブラウン、そしてホワイトの3色です。

靴の色に合わせて、出来るだけ目立たないように直すことが出来ますね。




           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

今回のDIYからブログを移動します

自作パソコン3号機&4号機の仕様変更と同時進行で、現4号機の巨大木製PCケースを整理棚?に改造します。

今回の整理棚製作からもう一つのブログ「ターちゃんのらくがき帳」に「DIY」のカテゴリーを作って記事を書きます。

過去のDIY関連の記事を「ターちゃんのらくがき帳」にまとめてから、新たなDIYの記事が書けたらいいなと思っていたのですが、整理棚を作るという作業のほうが先になってしまいました。

ということで・・・



これが問題の巨大PCケースです。

上にはモニタとスピーカーが設置してあります。

中に入っているPCパーツを全て取り出してサーバーを作る予定です。

ただし、この4号機のHDDは120GB(2.5インチ)ですので、とりあえず3号機から500GBのHDD(3.5インチ)を取り出して交換する予定です。

3号機は起動ドライブが60GBのSSDですが、これを120GBのSSDと交換。

とりあえず3号機は120GBのSSD1台だけとする予定です。

3号機またはサーバーとなる4号機のいずれかの容量が足りない場合は1TBの外付けハードディスクを増設して対応する予定です。

こう書くと簡単そうな作業ですが3号機、4号機共に起動ドライブ変更となりますのでOSの再インストールという作業もあり、時間的にはかなり掛かりそうですね。

今、思いついたのですがサーバーとなる4号機のケースには、眠っているNINEHUNDREDTWO(ANTEC NINEHUNDREDTWO-V3 の旧型)を使うことにしようかな?



まぁとりあえずPCに関してはこんな予定でいます。

さてそれでは整理棚の製作を開始します。

続きは「ターちゃんのらくがき帳」のほうで・・・



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

DIY 今後の予定

とりあえず、水回りで気になっていたところは直せましたので・・・

あとは雨漏りかな~

風向きと風の強さによって雨漏りすることがある、そんな我家です。

たぶんここだろうなと思っている場所はあるのですが、はっきりとは分かっていません。

まぁベランダにつながる、今は使っていない雨戸の敷居が怪しいところなのですが・・・

防水性のコーキング剤で何とかなるのかな?

まぁあまり急いではいませんが、いつかはやらなくちゃダメでしょうね。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

トイレタンク内のボールタップ本体部交換

我が家の2階のトイレなんですが、水を流したあといつまで経ってもタンク内に補充される水が止まらないのです。

当然、必要以上に貯まった水は流れていってしまいます。

応急処置として浮き球の支持棒にヒモを結んで、手洗いの水が流れる穴から上に出して、止まらない時はそのヒモを引っ張って水を止めていました。

でもそれでは解決したことにはなりませんので、ダメな部品を交換しようということにしました。

用意したのは・・・

TOTO:ロータンク用ボールタップ本体 <THYF2>:THYF2



では作業開始です。



まずはタンクにつながっているホースを外します。

我が家は温水洗浄便座をあと付けしましたのでホースですが、普通は水道管でしょうね。



作業はこの止水栓をマイナスドライバーで閉めてから行います。

止水栓を閉めて、タンク内の水を全て流してから作業を行いました。



一番困ったのはこの手洗いにつながっているホース。

これが外れないのです。

外れないので、とりあえず反対側、タンクのフタ部分のほうを外しました。



これでふたを外すことが出来ました。

浮き球も外しました。

浮き球はくるくると回すだけで外れます。



タンクにつながるホース外しました。



タンクの外側のナット(つば付きナット)を外すとボールタップ本体部が外れます。

本体部を外してから、先ほど抜けなかった手洗いにつながっているホースを抜きました。



新しいボールタップ本体部に今のホースを差し込みます。



浮き球も取り付けます。



新しいボールタップ本体部を取り付けました。



今回は本体に付属していた、この減圧プッシュという部品を組み込みました。

説明書には静音効果があると書いてありました。



減圧プッシュを組み込んでナットでホースを固定しました。



止水栓を開けて、状態を確認します。

水漏れなし、水が完全に止まることを確認。

ただし、以前よりも水位が下がってます。

実際にトイレを使って、この水の量で問題なければ節水になるので、とりあえずこのままにすることにしました。

上の画像に移っている手洗い用のホースをフタ部分に接続。



手洗いからの水も正常に出ました。

ということで、これで完成です。

まぁ比較的簡単でしたね。

手洗い用のホースが本体から外れないのが困りましたが、本体をタンクから外してからホースを外すと外しやすいです。

以上で、今回のDIYは完了です。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

まずはお風呂の蛇口の修理から

本日のDIY、すべて完了しました。

ということで、できるだけ簡単に内容を説明。

トイレタンクのボールタップ本体部の交換の前にお風呂の蛇口の修理からスタート



いろいろと汚い部分は目をつぶってください。

画像のように、以前に蛇口の先にホースリールに接続するパーツを取り付けたのですが・・・



実際に散水をすると蛇口のハンドル部分から水が吹き出してしまうのです。

それで蛇口のパッキンがダメなんだろうということで交換することにしました。

用意した部品は・・・



カクダイ 水栓ハンドル内パッキン (13用) 2組入 0740



さっそく交換作業開始!



何度も言いますが、汚い部分には目をつぶってください。

ハンドルを固定しているネジを外して、ハンドルを外します。



次にナットを外します。



ん?何かおかしい・・・

パッキンがありません。

予定では・・・



こんなふうにパッキンが入っているはずだったのですが・・・

よく見ると・・・



ナットの内側が特殊な形になっていて、どうもパッキンが必要ないタイプのようです。

それじゃ直せないじゃん!

試しに「カクダイ 水栓ハンドル内パッキン (13用) 2組入 0740 」に入っている「パッキン受け」だけを入れてみました。



もしかしたら先ほどのナット内部の金属部分が長年の水圧で減ってしまったのなら、これで直るかも・・・?



そのまま作業を続けて、元の状態に戻しました。

さて、結果は?

ハンドルを最大に廻して水漏れのチェック。

水漏れ無し。

無事に修理は完了しました。

皆さん、水栓の修理の時は直す部分を確認してから修理パーツを用意しましょうね。

さて、次はいよいよトイレタンクの修理です。



           


blogramのブログランキング   


拍手[1回]

ボールタップ本体部交換

近日中にDIYをやります。

今回の主役は・・・



画像だけで、これが何なのか分かった人はどれだけいらっしゃるでしょうか?

分からないからといってTOTOに電話しちゃダメですよ!

これはタイトルにもありますが「ボールタップ本体部」です。



さて「ボールタップ本体部」と聞いただけで分かる人がどれだけいらっしゃるでしょうか?

分からないからといってTOTOに電話しちゃダメですよ!

これは何かと言いますと・・・



トイレのタンク内に使われている部品です。

タンク内の水が一定量になった時に水を自動的に止めてくれるパーツですね。

このボールタップ本体部の交換を近日中に行う予定です。

どうして交換するのかといいますと、水が完全に止まらなくなってしまったからですね~

どうしてそうなったかといいますと、長く使い続けてきたからとしか言い用がありません。

要は古くなったから交換ということです。

今回で我が家の2階のトイレでのDIYは3回目になります。

1回目は温水洗浄便座の取り付け

2回目は最近ですが2階のベランダで散水が出来るように、トイレの水道管にホースリールをつなげるようにしました。

そして今回のボールタップ本体部交換。

なるべく画像を載せようと思うのですが、場所が場所だけに難しいかもしれませんね。

古くなったトイレのタンク内は、あまり見せられる状態ではありませんので・・・

ということで、近日中にやります。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

トイレの水道管からホースリール用の水が使えるようにする (実践編)

今回は新しいホースリールも買いました。



このホースリールを実際に接続して使ってみました。

ホースをつないで、最初だったので水は少なめに出してみました。

ちょっとドキドキの瞬間ですね。

取り付けた部品の何処かから水が吹き出したりして~

ということは、全く無く、無事にベランダの花達に水をやれるようになりました。

まぁ実際の作業状況を言いますと、外は雨です。

雨のベランダで花に水をやる男

ちょっと頭のおかしい人に見えますね・・・

さて、全て無事に完成した今回の作業ですが、このあと事件が!!

ホースリールを問題なく使えることが確認できましたので片づけます。

今回購入したホースリールはアマゾンの商品の仕様にも書いてありますが「仕様 8水形(シャワー・フル・キリ・ストレート・整流・広拡散・拡散・止水)」ととても便利です。

キリ・広拡散・拡散は試しに出してみた少ない水量でも問題なく使えました。

ノズルも握ると水が出て、離すと水が止まります。

ということで、水を止めて、トイレまで戻って分水孔コックを閉めて・・・

ここまでは何事も無く完璧だったのですが・・・

ワンタッチニップルからホースリールのホースを外した瞬間、悲劇が起こりました。

ホースから水が逆噴射!!

ホースリール本体までの短いホースの中の水が吹き出しました。

トイレの壁が水浸し・・・

そうですよね~

水圧がかかった状態で出口も入り口も止めて、ホースを外したら逆噴射しますよね~

ということで、そうならないためにどうするかといいますと・・・

ホースリールを片付けるときには、ノズルからの水は止めないで出しっぱなしにしておきます。

この状態で分水孔コックを閉めて、ホースリールのホースを外せば逆噴射しません。

ホース内の水も本体のほうが低いので残っていません。

トイレの中に水をたらさないで片付けることができます。

それでも念の為に雑巾の1枚くらいは用意しておいたほうが良いでしょうね。

この逆噴射事件がなければ完璧だったのですが・・・

でもこれで、どうやって使ったらいいのかが分かりましたから良かったです。

無事にトイレの水道管からの水でベランダの花達に水をやれるようになりました。

今までその都度1階からバケツで水を2階のベランダまで運んでいたのですから、それと比べたら非常に楽になったと思います。

ということで、今回のDIYは終了です。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索



コガネモチ

パソコン周辺機器のお求めはこちらで!

グーバーウォーク

ブログ内検索

広告

カウンター

ベンチマークテスト比較