忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

Amazonから例のものが到着

11月です。

今年も残すところ2ヶ月となりました。

11月最初の記事は・・・

IMG_0537.JPGこれからスタートです。

例のものがAmazonから届きました。

どうしてこんなに箱がデカイのか・・・?

たぶん、Amazonから届いた箱で一番デカイかも・・・

中身が分かっているからなおさら不思議です。

IMG_0538.JPG開けて、ビックリ!

いや~、この梱包はないでしょう・・・

緩衝材の役目を果たしているのでしょうか・・・?

こんなのを見ちゃうとやはり「ドスパラ の梱包はしっかりしてるなぁ~」と比べてしまいます。

過去に何度もドスパラ で注文していますが、いつも梱包がしっかりしていて感心しています。

IMG_0539.JPGそれに比べて今回のAmazonの梱包は・・・

さて気をとり直して。

今回送られてきた商品は2点。

モニタアーム「アウロラ モニターアームスタンド VESA規格 15~23インチ 液晶ディスプレイ対応 AU-PX2114BK 」とキーボード「Solidyear キーボード ブラック ACK-230BK(PS/2黒) 」です。

お楽しみはあとに残しておきたいので、まずはキーボードからご紹介。

IMG_0540.JPG今回のキーボード「Solidyear キーボード ブラック ACK-230BK(PS/2黒) 」を選んだ基準は・・・?

???

とりあえず聞きなれたメーカーはやめようと思いまして、選んだメーカーは「Solidyear」です。

ん~、よく分からないです。

で、結論を先に言ってしまいますと「やはり買い物をする時にはよく考えてから決めることにしましょう」ということですね。

IMG_0542.JPG一目見て私を不安にさせたのはこの文字です。

「あっ、やっちゃったかな・・・」とすぐに感じてしまいました。

第一印象って大事ですよね。

それが一目見て「もう無理かも・・・」と感じさせてくれたこの文字はある意味すごいです。

キートップを見ても「ん~、ちょっと打ちづらそうかな・・・?」と十分に感じさせてくれました。

IMG_0543.JPGこのキーボードの宣伝文句にあった「本体をギリギリまで削ったような非常にスリムな外観が特徴の日本語キーボード。フルキーボードながら省スペース。」という言葉は本当でした。

左画像のようにギリギリまで削られています。

ただ真っ先に頭に浮かんだ言葉は「材料費削減」でしたが・・・

まぁスリムな外観という言葉は嘘ではありませんからいいのですが・・・

実は今、すでにこのキーボードでこの文章を書いています。

IMG_0544.JPGで、使ってみた第一印象は・・・

「何だか窮屈・・・」

どうしてだろう?

その原因はどうもキートップの面積にあるような気がします。

キートップの面積が小さいのです。

IMG_0545.JPGそのせいなのかどうも指先の収まりが悪いのです。

何だか指先が安定しない。

疲れる。

指がコリそうです。

長時間の使用には向かないかも・・・

IMG_0546.JPGどうしよう・・・

やっちまったかな・・・

それにしてもこのキーボード、重たいです。

製品重量 940g

その重さからはしっかりとした安定感は感じます。

IMG_0547.JPGそれに比べると今までの2号機のキーボード「サイズ Pure Keyboard 2日本語版ブラック SCKB05-BK 」は軽いですからね~

軽いうえに底面の滑り止めがあまり良くないので安定感はありませんでした。

重さを調べようと思い、「サイズ Pure Keyboard 2日本語版ブラック SCKB05-BK 」の箱を引っ張り出しましたが、製品重量の記載はありませんでした。

ならばと、サイズの製品ページ(http://www.scythe.co.jp/products/inputdevice/pure-keyboard2.html)も見ましたが、こちらにも書いていませんでした。

それにしてもこのサイズのキーボードは安いですね~



Amazonで780円です。

とは言うものの、この安いキーボードを私は更に安く買っていたのでした。

IMG_0548.JPG今はなきT-ZONEで500円で買ったキーボードです。

T-ZONEの入り口の外に山積みで売っていたあのキーボードがこのキーボードです。

懐かしいですね~

でも、使い慣れたキーボードはやはり使いやすいもので・・・

今回のキーボード「Solidyear キーボード ブラック ACK-230BK(PS/2黒) 」は2,350円で購入したのですが・・・



勝敗は・・・

500円のキーボードの勝ちです。

このキーボードは私にとっては失敗だったような・・・

マズイな~、このパターンは・・・

またマウスの時と同じような感じです。

理想的なマウスにたどり着くまで次々と買ってしまうあのパターンかも・・・

それにしても、安定感しか長所のないキーボードという感じにしか私には思いないのですが・・・

これならPS3用に使っている「iBUFFALO フルキーボード USB接続 日本語 112キー ホワイト BSKBU02WH 」のほうが良いかも・・・



Amazonで797円ですが・・・

さて、Amazonで「ゲーミングキーボード」を調べてみましょうか・・・


blogram投票ボタン 



 

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
7
10 11 12 13 14
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索



Prime Music

Amazonプライム会員なら100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題

コガネモチ

グーバーウォーク

ブログ内検索

広告

カウンター