忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

NASになりきれなかったハードディスクケースへのHDD取付け

NASになりきれなかったハードディスクケースへのHDD取付け



オークションで格安で手に入れたNASのジャンク品(内蔵HDD無)ですが、結果として単体でNASとしては機能しませんでした。(起動に失敗)

ですが既に利用中の地デジチューナーを接続しているUSBデバイスサーバーBUFFALO LDV-2UH 」に接続するという方法でネットワークハードディスクとしては利用できるようにしました。

設定次第でPCを立ち上げると自動的に繋がるように出来ますので、ほぼNASですね。

ということで、本日は本来2.0TBのHDDが入っているはずの製品にHDDを取付けた時の作業手順を掲載します。

まずはこの画像から・・・



これが届いたNASです。



LAN DISK Home



I・O DATA HDL-S2.0(メーカーの商品ページはこちらです)



LANだけでなくUSBでの接続にも対応しています。

まぁそのおかげでUSBデバイスサーバーBUFFALO LDV-2UH 」に接続できたわけですが・・・



本体をグルっと見回しても、確認できるネジは底面の上記画像のネジ1個だけです。



底面のネジ1個を外して、サイドパネルをカパッ!と外すと中身が確認できます。

まぁ実際には「カパッ!」とは簡単にハズレてくれません、パネルの周りにある数か所のツメを丁寧に外すと取り外すことが出来ます。

基板を外すには下記3枚の画像のネジを外します。



基板を取り外す前に背面ファンの電源ケーブルを外しましょう。



これで基板を取り外すことが出来ます。



基板を取り外すと中にネジが2個入っていました。



ハードディスクを金属のフレームに固定するためのネジです。

次はそのハードディスクを固定する金属のフレームを取り外します。



スライドすると外れそうですが、動きません。

下の画像の部分のツメがひっかかっています。



このツメを押し下げながら金属のフレームをスライドさせると・・・



これで外れました。

この金属フレームにHDDを先ほどのネジで固定します。



向きと位置はHDDを直接差し込むコネクターで確認して下さい。



確認したらHDDを固定します。



ネジ穴の位置は下記画像をご覧ください。



ネジでHDDを固定したら、先ほどのコネクター部分で基板と接続します。



背面ファンの電源ケーブルを接続



基板をネジで固定



これで出来上がりです。



あとはサイドパネルを取付けて、底面のネジを締めたら完成です。

この作業手順が誰の参考になるのかは分かりませんが・・・

もし誰かの手助けになれば幸いです。









拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
7
10 11 12 13 14
15 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索



Prime Music

Amazonプライム会員なら100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題

コガネモチ

グーバーウォーク

ブログ内検索

広告

カウンター