忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

ケータハム・カーズ・ジャパンは、12月1日より、新エントリーレベルモデル、セブン130の販売を開始致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ケータハム・カーズ・ジャパンは、12月1日より、新エントリーレベルモデル、セブン130の販売を開始致します。

ケータハム・カーズ・ジャパンは、12月1日より、新エントリーレベルモデル、セブン130の販売を開始致します。





グランツーリスモ6を通して、ゲームの中のクルマについて書いてきましたが、これからは現実のクルマについても少しずつ書いていこうと思います。

ということで、1発目。

ケータハム・セブン130

車両本体価格 : 3,496,500円(消費税込)



詳しい情報はヤフーニュースを見ていただくとして「英国製「軽」スポーツカー今春、日本に上陸 熱烈なモーターファンに性能面でも衝撃

2014年は「軽スポーツ」に注目!

やはり1番人気はホンダの「S660」でしょうね。



東京モーターショーでコンセプトカーとして発表された「S660」



ほぼ市販モデルと言っていいほどのカタチをしています。

でも年内の販売は難しいようで、2015年発売目標となっているようです。

そして、もう1台。

ダイハツ・新型コペン



市販モデルはモーターショーで発表されたオープンモデルではなく「D-Rエステート」という下記のような車体モデルになるかもという噂です。



とは言っても、着せ替え可能なボディですから、オープンモデルはオプションで可能となるのでは・・・

さらに、もう1台。

「スズキ・新型カプチーノ」と言いたいところですが・・・

東京モーターショーでは「Crosshiker(クロスハイカー)」というコンセプトモデルを発表したスズキ。



新型カプチーノに関する情報はあまりありません。

しかし、スズキのエンジンだけは新しい軽スポーツカーに搭載され、販売されるわけで・・・

それが最初に紹介した「ケータハム・セブン130」です。



「ケータハム・セブン130」に搭載されるエンジンはスズキのK6A型。



「ケータハム・セブン130」はセブンの新たなエントリーモデルとして、スズキの660cc 3気筒DOHCターボエンジンと5速マニュアルトランスミッションを採用したのです。



この画像はコンセプトモデルではなく「ケータハム・セブン130」として販売される市販モデルですのでお間違いのないように。



この画像も「ケータハム・ジャパン」の公式サイトからお借りしました。(「ケータハム・セブン130」の商品ページはこちら



ということで、すでにこの「ケータハム・セブン130」は昨年の12月1日から販売開始されております。



今年の春頃には街中を走り始めるということです。

もちろんこの「ケータハム・セブン130」はエンジンだけではなく、車両も軽自動車の規格で作られていますので、れっきとした軽自動車です。

ホンダやダイハツの新型軽スポーツカーよりも先に輸入軽スポーツカーが日本の道を走り始めるわけですね。

まぁお値段がお高いので、台数的には少ないでしょうが、今後の軽スポーツカーブームのスタートには十分なニュースとなるでしょうね。




 



blogramのブログランキング   

拍手[0回]

PR

コメント

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索



コガネモチ