<> ターちゃんの自作パソコン0~4号機(旧カテゴリー)|P-ROOM(ピールーム) 忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2号機からGTX660を1枚取り外し

2号機からGTX660を1枚取り外し



いつものことですが、PC内部の画像にはご覧になる方の気分を害する画像も含まれている場合がございますのでご注意ください。(要は汚いということです・・・)

ということで、ではさっそく・・・



見えている部分全体がホコリだらけ!!



グラボを外す前に、まずは上記画像のSLIブリッジカードを外します。

次に補助電源ケーブルを外します。



コネクタの隙間にもホコリが・・・



ネジを外して・・・

ここで忘れてはいけないのは、グラボのロックを外すこと。



2号機のマザーボードはスライド式です。(画像中央の白いピン)



2号機のPCケース「RAIDMAX SEIRAN」には内部に余計な出っ張りがあって、下段のグラボを外すには一旦2枚のグラボの間のスロットカバーを外してからグラボを外さなくてはなりません。

ということで、外したグラボとスロットカバー。



グラボを外した部分にもスロットカバーを取付けます。

今回、一番時間がかかったのは、この2枚のスロットカバーを探すという作業でした・・・

どこにしまったか忘れていました。



ということで、最終的に取り出されたのは下記の2つのパーツとなります。



グラボはある程度キレイにしてから画像を撮影しました。

一番ホコリだらけだったのはCPUクーラーですね。

2号機のCPUクーラーはサーマルテイクのNiC C4です。



性能の高いCPUクーラーはホコリを取り除くメンテナンスを定期的にやらないと、せっかくの性能を発揮できません。(← と、自分に言ってます)

さて、これで準備完了。

次は取り出したGTX660のグラボを4号機に組み込みます。

作業完了後のことを考えたのですが、現在2号機で使っている3台のモニタに完成後の4号機も同時に接続することはケーブルの組み合わせしだいで可能なようなのですが、1つ問題が発覚。

センターモニターとして使用しているMITSUBISHI RDT222WLM-Aの入力端子です。

D-Subx1、DVIx1、HDMIx1と3つの入力端子があるのですが、ここに2号機、4号機そしてPS4を繋がなくてはなりません。

ということはこれか1台をD-Subで接続しなくてはいけないのですが・・・

PS4は無理ですから、ここはやはり4号機からの接続を「DVI→D-Sub」と変換して接続するしかないのかな?

HDMIセレクターという手もありますが、とりあえず余計な出費は無しで行きましょう。

ということで、次回は4号機の作業に移ります。

3号機の時と同じく、4号機もWindows等のアップデートに時間がかかるのでしょうね。









拍手[0回]

PR

次はいよいよ4号機を・・・

次はいよいよ4号機を・・・



約半年くらい休んでいた3号機は眠りから覚めて、今日はずっとインターネットのラジオを流し続けてくれています。(radiko.jp

次は自作パソコン4号機を眠りから覚まさなければなりませんね~

2号機からグラボ1枚を抜く準備はすでに完了していますので、それを4号機に入れます。

4号機を2号機と同等の作業が出来るようにしてから、Windows10にアップグレードという予定なのですが・・・

4号機も3号機と同じようにしばらくお休みしていましたのでWindowsアップデートとか、あれとかこれとかでやっぱり正常に動くまでに時間がかかるかもしれませんね。

でも性能的には3号機よりも上(のはず・・・)なので、少しは早く作業が終わるかもしれません。

とはいっても・・・

暑いですからね~

一番の問題は「私のやる気」ですね・・・

この暑さ何とかならないでしょうか・・・

ということで、とりあえず明日以降の予定でした。









拍手[0回]

作業はやはり3画面のほうが効率がいいですね

作業はやはり3画面のほうが効率がいいですね



普段、自作パソコン2号機の3画面モニタで作業をしていると、昨日のように3号機のシングルモニタ(しかも15.6インチの「BenQ 15.6型 LCD LEDワイドモニタ ブラック G615HDPL 」)での作業は効率が悪くてダメですね。

2号機に入っているGTX660のグラボ2枚のうちの1枚を取り出せるようにする作業は済んでいますので、取り出して自作パソコン4号機に搭載すれば4号機も3画面モニタで作業が出来るようにはなるのですが・・・

その場合、問題になるのは新たに3台のモニタを用意しなくてはならないということ。

3台のモニタを用意するとなると結構な出費になりますからね・・・

とりあえず安く手に入れる方法はないかなとヤフオクで調べてみたら、こんなのがありました。

Dell 20 モニタ E2014H ×3台と3画面 モニターアーム

「終了日時:2015.07.27(月)21:12 」となっていますので本日の夜に終了の商品です。

ブログを更新している今現在の最高入札額は14,000円となっています。

モニタ3台とモニタアームのセットですね。

モニタはDELL E2014H

価格.comで調べたら現在も販売されている機種でした。

E2014H [19.5インチ] (← 価格.comの製品ページ)

さらにお買い得な価格.com限定モデルもありました。

E2014H 価格.com限定モデル [19.5インチ]

現在の価格は14,980円

注意しなくてはいけないのは、ヤフオクに出品されている商品の商品説明にも書かれていますが画面解像度が「1600 x 900」までということです。(つまり1920×1080では表示できません)

「1920×1080のフルHDでなくても大丈夫」「とにかく3画面が欲しい」というかたならヤフオクに出品されているモニタ3台とモニタアームのセットはお買い得かもしれませんね。

まぁ、もちろんオークションですので最終的に落札価格がいくらになるのかは分かりませんが・・・

ちなみにこのDELLのモニタはアマゾンでも販売されています。



価格.com限定モデルと同じ価格で、送料無料ですね。

新品ならアマゾンで買ったほうがお得かな?

それでも3台買うとなると約45,000円ですね~

話がそれていきそうなので、この辺で終了。









拍手[0回]

3号機再起動

3号機再起動



約半年ぶりに3号機を起動しました。

まずはカスペルスキーのバージョンアップから。

すでに1号機と2号機はバージョンアップが済んでますが、Windows10でカスペルスキーを使用するには最新版にバージョンアップしなくてはいけないようです。

カスペルスキーを使用されている方でWindows10へのバージョンアップを考えている方はご注意を。

カスペルスキーの最新版へのバージョンアップはこちらをご覧ください。

ということで、無事にカスペルスキーのバージョンアップは済んだのですが、そこからが長かった・・・

約半年ぶりということでWindowsのアップデートも必要だったわけで・・・

約60個のアップデート。

ロースペックの3号機にとって約60個のWindowsアップデートはハードなお仕事です。

アップデート完了までに約2時間くらいはかかったかな?

ついさきほど、やっと使えるようになりました。

ワイヤレス接続ではダウンロードも時間がかかると思いLANケーブルを直接つなぎました。

それでも約2時間ですから、待ち時間長過ぎ~

ということで、現在このブログは3号機で更新中です。

どうして3号機を動かそうと思ったかといいますと、1号機&2号機を使っている部屋にはエアコンが無いからですね~

今日はさすがに暑すぎて無理です。

3号機の部屋にはエアコンがありますので快適です。

今日のヤフオクへの出品もこの部屋でこの3号機で行います。

画像データとホームページのデータはネットワークドライブで共有されていますので、この3号機で2号機と同じデータが使用できるようにしてあります。

3画面使えるのは2号機だけなので、モニタ1台の3号機ではちょっと不便ですが、まぁそれはがまんしましょう。

4号機を2号機と同じ作業が出来るようにする計画もありますが、4号機で3画面を使うとなると当然3台のモニタを新たに用意しなくてはいけないわけで・・・

設置場所も新たに確保しなくてはならないですからハードルは高いですね。

オロチを使用している4号機はやはりエアコンの効いた部屋で使うのが一番なのでしょうが、いつになったらそんなことが出来るようになるのでしょう。

っていうか、いまだにオロチを使っているのが古いのかな・・・

それも初代オロチです。(オロチとはCPUクーラーのOROCHIです)

ということで、少しずつですが我が家の4台の自作パソコン達のスペックアップを行っていく予定です。

次はやっぱり4号機かな・・・








拍手[0回]

無印のGTX660 1枚で3画面 その2

無印のGTX660 1枚で3画面 その2



2号機からグラボを外して1号機に挿す前に、とりあえずGTX660単体で3画面表示できることを確認します。

まずは現状。



上のGTX660から2画面、下のGTX660から1画面を出力しています。



使用しているグラボ「Palit GeForce GTX 660 OC Edition」の出力はDVI × 2、DisplayPort × 1、HDMI × 1です。

DisplayPort対応のモニタがありませんので、HDMIを使用します。



下のGTX660に接続しているDVIケーブルを抜いて・・・



上のGTX660のHDMIに接続。

そしてモニタに接続。

PCの電源オン。

普通に3画面表示出来ました。

ただし、プライマリディスプレイがHDMIで接続したモニタになってしまいましたので元のモニタへの変更が必要でした。

ということで、あっさり終了。

DisplayPort対応のモニタがあれば、この無印GTX660グラボでも4画面出力が可能ということです。

「いまさら~」という話ですが、まぁとにかく出来ました。

使用しなくなったグラボを1枚抜いて、1号機に移植いたします。

その後、1号機を2号機と同等のことが出来るように設定しなおして、その後どちらかをWindows10にアップグレードという流れですね。

これで2号機がほんの少しだけエコなPCになりました。

もっとエコにするには補助電源無しで3画面出力可能なグラボに変えるしかないのですが・・・

買いたい病が始まりそうなので、これ以上は考えないことにします。

さて、2号機の掃除もしながら、グラボを1枚抜く作業を始めます。









拍手[0回]

無印のGTX660 1枚で3画面

無印のGTX660 1枚で3画面



Windows10の無償アップグレードが7月29日から開始される予定です。

さて、どうしましょう?

我が家の自作PC達のOSは全て「Windows7 sp1」です。

最低条件はクリアしているはずなのですが、それはアップグレード出来るかどうかであり、アップグレード後に今までと同じように周辺機器やパーツを含めて正常に動作するかどうかはまた別物です。

一番簡単な話は「デバイスが対応していなければ動かない」というところですね。

Windows7用のデバイスがWindows10でも利用可能ならば、かぎりなく正常に動く確率は上がるのでしょうけれど、Windows10になって新たなデバイスが必要となると、周辺機器等を製造・販売しているメーカーがWindows10用のデバイスを用意してくれない限り動かないということも起こりうる訳で・・・

って、どんだけ古い周辺機器やパーツを使ってるんだって話ですよね・・・

まぁとにかくWindows10にアップグレードする予定ではありますが、アップグレードした途端に現在のメインPCである2号機が使い物にならなくなっては困るので、その対策を考えます。

サーバー用として使っていた1号機はネットワークハードディスクを利用するようにした時点で稼働を停止しております。

そこでこの1号機を2号機と同等の作業が出来るようにして、それからどちらかをWindows10にアップグレードして様子を見ることにしようと考えました。

ということで、ここからが今回の本題です。

2号機はマルチモニタ(モニタ3台)で利用しています。

1号機も同じようにしたい訳ですが・・・

私がずっと勘違いしていたことがありまして・・・

それは「無印のGTX660は単体では3画面出力が出来ない」と思っていたのです。

ところが、どうもGTX660は単体で3画面出力が出来るらしい・・・

元々、2号機はSLIにしたくて、SLI対応のマザーボードにGTX460を2枚という構成で組立てました。

まぁPCゲームを快適にプレイするというのが目的でしたので、その後はレースゲームで3画面出力も利用していたわけです。

GTX460は単体での3画面出力は出来ませんでしたから、たぶんここで「3画面出力するには2枚必要」と強く印象づけられてしまったのだと思います。

その後、GTX660にアップグレード。

この時もSLIがありますので、GTX660を2枚という構成を選択。

GTX460の時と同じく3画面も利用。

さらにNVIDIAの機能紹介ページも勘違いの原因だったのかもしれません。

というか、3Dサラウンドと2Dサラウンドの説明があまり詳しく書かれていないのが、私の勘違いの原因だったのでしょうか・・・

http://www.nvidia.co.jp/object/3d-vision-surround-system-requirements-jp.html

上記URLは3Dサラウンドシステムの最低システム要件です。

「GeForce GTX 660」には「2-Way SLI」として「3つのデジタルコネクタを全てサポート」と書かれています。

ひとつ上の「GeForce GTX 660 Ti」には「シングル GPU」に「あらゆる3つのデジタルまたはアナログコネクタをサポート」と書かれています。

これですね。

これはあくまでも「3Dサラウンドシステムの最低システム要件」であって、3画面出力のシステム要件ではありません。

では、「2Dサラウンドならどうなの?」ということに関しての詳しい説明はどこに書いてあるのでしょうね?

まぁ、そんなことはさておき、簡単に言うと3つのモニタを1つの画面として使用するのと、3つのモニタをそれぞれ別々に使用するのではシステム要件が違うという理解でよろしいでしょうか?

まだ良くわかっていないので、とにかく試してみます。

ということで、2号機からGTX660を1枚抜いて、それを1号機に挿して、2台とも3画面出力出来るようにしてみようというところからスタートです。

更新をサボっていますが、我が家の自作パソコン達のスペックは「ターちゃんの自作パソコンスペック情報」をご覧ください。

これを機会に「ターちゃんの自作パソコンスペック情報」の更新もしようと思っています。









拍手[0回]

1号機の修理

1号機の修理



1号機の不具合は2つあります。

ひとつはブラウザゲームでグラフィックがスムーズに動かなくなったこと。

どうしてスムーズに動かないかというとマザーボードのグラフィック機能を使っているからです。

何故マザーボードのグラフィック機能を使っているかというと、搭載しているグラボ「GTX460」かマザーボード自体に不具合があってグラボを認識してくれなくなったです。

ということで、本日はグラフィックボートの交換作業を行いました。

交換する候補のグラフィックボートは以下の2枚。



1枚目は1号機に搭載しているグラボと全く同じ「GTX460」です。

どうして2枚あるのかといいますと、以前に2号機でSLIで使用していたからです。

現在の2号機には「GTX660」が2枚搭載されています。

そして2枚目は懐かしの「8600GT」です。



一度は娘のパソコンに搭載してこの家を出て行ったグラボですが、一昨年「パソコンでブルーレイが見れるようにして欲しい」という娘の要望で、ブルーレイドライブとHDMI出力のグラボに交換して、このグラボが戻ってきました。

ブラウザゲームをする程度でしたらこの「8600GT」でも十分だろうと思います。

ちょっと問題ありのグラボではあるのですが、まぁ普通に使用しているぶんには何も問題は無いと思います。

今回は1号機内部の掃除も行います。

以前に1号機内部の掃除をしたのは・・・? 記憶にございません・・・

ということは・・・? たぶん凄いことになっているのでしょうね・・・

ということで・・・



まずはケーブル類を外して外回りから掃除。

そして、サイドパネルを開けると・・・

※ご注意・・・このあとショッキングな画像が掲載されております。閲覧は自己責任でお願い致します。


































未知の生物が住んでいそうです・・・

掃除機で吸うと「ボコッ!ボコッ!」と音を立ててホコリの塊が吸い込まれていきます。

恐ろしい・・・

ある程度キレイにしてから、グラフィックボードを取り外して、さらに掃除機で掃除。

ついでに使っていないボードも取り外しました。

上記画像の「GTX460」の下に挿さっているのですが・・・ ホコリで見えませんね・・・



取り外したのはこのボード。



IFC-PCI7ESAU2」という型番のバッファローの増設インターフェース。

「PCIバス対応 eSATA・内蔵SerialATA・USB2.0/1.1インターフェースボード」

PCIスロットに接続すると外部にeSATA×1とUSB2.0×3、内部にSerialATA×2とUSB2.0×1を増設できるというインターフェースボードです。

かなり古い製品で、もちろん既に販売終了となっています。

何のために、このインターフェースボードを使っていたのか記憶にありません。

ということで、今回取り外しました。

今だと「IFC-PCIE4U3S 」とかを使うんでしょうね。



さてグラフィックボードに戻ります。

ここで思ったのは「GTX460」の補助電源は6PIN×2だということです。

対する「8600GT」は補助電源無し。

問題なく動くのであればエコな方を選びましょうということで、「8600GT」に交換することにしました。

ブラウザゲーム程度ならまだまだ「8600GT」の性能で十分でしょう。

ということで、交換したのですが、PCが「8600GT」を認識してくれません。

原因は「8600GT」が古すぎて、最新のドライバでは対応していない、というかキチンと8600GT用のドライバをインストールしろよということですね。

まずは既にインストールされている最新のドライバ等、NVIDIAのグラフィック関連のソフトをアンインストール。

改めて8600GT用のドライバをインストール。

これで動くようになりました。

結果は大成功!

ブラウザゲームのグラフィックもスムーズに動くようになりました。

そのおかげでパートナーさんのゲームスコアが一気に低くなりました。

グラフィックへの負荷でゲームがゆっくり動いていたことが判明。

正常なスピードになったとたんに、ゲームの難易度が上がったわけです。

パソコンを修理したのだから、ゲームスコアが低くなっても私のせいではない・・・

これでグラフィックの問題は解決しました。

もう一つの問題は正常にシャットダウンしない時があるという状況なのですが・・・

まぁこれに関しては何日か使ってもらってからということで・・・

未知の生物が住んでいそうな状態から、掃除をしたことでキレイになりましたから、それだけで直っているかもしれないですし、熱が原因の不具合だったとしたら、グラボ交換とボードを1枚外したことで消費電力が下がったので、不具合が直っているかもしれません。

以上で今回の1号機の修理は終了。

次はサーバーとしての機能を停止した4号機をどうするか。

そして2号機のスペックアップを考えてみたいと思っています。








拍手[0回]

またパソコンをいじり始めます

またパソコンをいじり始めます



とりあえず予定ではありますが、またパソコンをいじり始めます。

自作パソコン1号機と2号機がこのところずっと不調で、そろそろ手を入れなければならない状況。

当初の予定では「新2号機」を作って、その後各自作パソコンを修理する予定でしたが、予定を変更します。

スタートとなるのはサーバー用の4号機です。

簡単に言うと、NAS導入で4号機は御役御免。

1号機と4号機のマザーボードの具合を調べて、その他パーツも含め良いとこ取りで1号機を修理。

その後、2号機のスペックアップを考えます。

しばらく更新していませんが「ターちゃんの自作パソコンスペック情報」も近日中に更新予定です。

2号機のスペックアップが完了次第、3号機にも手を付けます。

1150の導入はMini-ITXからとなる予定です。

まぁざっとこんな感じです。

実際に作業を開始するのは2~3日後からとなる予定です。

まぁ全ては訳ありNASが届いてからですね。

詳細は後日報告。

以上。









拍手[0回]

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索



コガネモチ

ブログ内検索

広告

カウンター