<> ベンチマーク(旧カテゴリー)|P-ROOM(ピールーム) 忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

F1 2012 ベンチマーク 自作パソコン2号機 GTX660SLI

ベンチマークテスト データ比較」に「F1 2012 」のデータが無いことに気づきました。

過去に記事としては書いていましたが、それをまとめたページもリンクが切れていました(ゴメンナサイ)

F1 2012 ベンチマークテスト比較

上記のベンチマークテストは現在の自作パソコン2号機の環境とは違います。

ということで、改めてベンチマークテストをやることにしました。

自作パソコン2号機のスペックは「ターちゃんの自作パソコンスペック情報」をご覧ください。

さて、ベンチマークテストを始める前に設定についてお話します。

今回はNVIDIAの「NVIDIA GeForce Experience」を利用します。

GPUはGTX660SLI です。

今回の最適化に関する画面がこちらです。



上記のように「NVIDIA GeForce Experience」を利用して最適化されるのは遠方車両、ドライバー、マルチサンプリング、オブジェクト、シャドウ、木、車両からの反射です。

マルチサンプリングが「8x MSAA」から「4x MSAA」に、それ以外は「高」から「ウルトラ」への変更となります。

この最適化を適用してからのベンチマークテストとなります。

実際の「F1 2012」のゲーム上での設定画面では、以下のように表示されます。





この設定で行ったベンチマークテストの結果です。



次は「GTX660 + GTX660(PhysX専用)」でベンチマークを行います。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

PR

Unigine Valley Benchmark ExtremeHD GTX660 SLI

Unigine Valley Benchmark ExtremeHD GTX660 SLI

もう説明はいりませんね。

では結果です。





ついにFPSが60を切ってしまいました。

でも、たぶんGTX660でよく頑張ったという感じだと思うのですが・・・

ベンチマークテストの結果は「ベンチマークテスト データ比較」をご覧ください。

ターちゃんの自作パソコンのスペックはこちらです。

以上でUnigine Valley Benchmark のテストは終了です。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

Unigine Valley Benchmark ExtremeHD GTX660 シングルモード

Unigine Valley Benchmark ExtremeHD GTX660 シングルモード

Extreme で40.4まで下がったFPSはさらにどこまで下がるのか・・・

ベンチマークソフトの映像は正常に最後まで見ることが出来るのか・・・

テスト結果です。





FPSは30.6まで下がりましたが、とりあえず30以上は確保していますのでカクカクすることもなく、スムーズに映像を見ることが出来ました。

Valleyの音楽に眠らされることなく、頑張って映像を最後までみました。

さて次はSLIです。

Extreme では65.7というFPSの結果でしたが、ExtremeHDでも60以上のスコアを維持できるのでしょうか・・・?



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

Unigine Valley Benchmark Extreme GTX660 SLI

Unigine Valley Benchmark Extreme GTX660 SLI

プリセット Extreme で、GTX660SLIがFPS60を切ってしまうのかどうか・・・

2号機はオーバークロック設定になってますので、まだGTX660を助けてくれると思うのですが・・・

テスト結果です。





FPSは65.7

何とか60以上を保ったという感じですね。

次のプリセット ExtremeHDでは1920×1080のフルスクリーンになります。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

Unigine Valley Benchmark Extreme GTX660 シングルモード

Unigine Valley Benchmark Extreme GTX660 シングルモード

プリセット Extreme からはDirectX 11 です。

1600×900の8xAA

すでにここから並のグラボでは厳しい状態になるのではないでしょうか?

それでは結果です。





GTX660 シングルモードでは、ここでFPSが60を切りました。

40.4とはかなり重たいベンチマークソフトですね。

これがGTX660SLIならどうなるのか・・・

次で試してみます。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

Unigine Valley Benchmark Basic GTX660 SLI

Unigine Valley Benchmark Basic GTX660 SLI

今度はBasic をGTX660のSLIでテストします。

2号機のグラフィックボードは「Palit GeForce GTX 660 OC 2048MB GDDR5 」です。





さすがSLIです。

FPSが83.5まで上がりました。

さて次からが本番ですね。

次は設定がBasic からExtreme に変わります。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

Unigine Valley Benchmark Basic GTX660 シングルモード

さて続いてのベンチマークテストは「Unigine Valley Benchmark」です。

前作の「Unigine Heaven Benchmark」もかなり重たいベンチマークでしたが、今度もかなりのものです。

GPUの温度も気になるところですが・・・

まぁとにかくやってみましょう。

2号機のスペック等は省略します。

・・・

ということで、まずはGTX660 シングルモード Basic での結果です。






CPUが3989MHzと表示されているのが気になりますが・・・

FPSは77.3

まだまだ余裕ですね。

まぁBasic はDirectX 9 ですからこんなものでしょう。

次は同じBasicをGTX660SLIで行います。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

3DMark 11 GTX660SLI 320.00 Turbo40(3.799GHz) 

続きまして3DMark 11 をGTX660のSLIでテストします。

結果は以下の通りです。









こちらもシングルモードと同じく前回との比較を・・・

前回のスコアはP9187

P9187 → P9979

たぶんオーバークロック設定をさらに上のTurbo50設定(3.999GHz)で行えば10000超のスコアも可能でしょうが、残念ながら現2号機が安定して動作するのは、ASRockのマザーボードに用意されたオーバークロック設定ではTurbo40(3.799GHz)が限界のようです。

現在はTurbo40(3.799GHz)で常用しております。

Turbo50(3.999GHz)では、シムシティニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド で安定せずにゲームが中断した経緯があります。

今のところTurbo40(3.799GHz)では一度も不具合は起こっておりません。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索



コガネモチ

ブログ内検索

広告

カウンター