<> ベンチマーク(旧カテゴリー)|P-ROOM(ピールーム) 忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3DMark 11 GTX660 320.00 Turbo40(3.799GHz) 

ベンチマークテストをもう少し進めますね。

今回は「3DMark 11」です。

自作パソコン2号機の環境は・・・

CPU I5-760

※デフォルト2.8GHx → ASRockマザーボードのOC設定「Turbo40」により3.799GHzにオーバークロック済み

マザーボード ASRock P55 Extream4

メモリ 12GB

グラフィック Palit GeForce GTX 660 OC 2048MB GDDR5

※ベンチマークテストは上記グラボのSLIおよびシングルモードで行います。

更に詳しい2号機のスペックは「ターちゃんの自作パソコンスペック情報」をご覧ください。

ということで、さっそくベンチマークテスト開始。

まずはGTX660のシングルモードです。









前回の3DMark 11 のベンチマークテストはNVIDIA ドライババージョン314.22でオーバークロックはしていなかったと思います

前回のスコアは6046

オーバークロックでCPUは3.799GHzで動作しています。

P6046 → P6387 というスコアアップとなりました。

次はSLIによるベンチマークテストです。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

PR

久しぶりに MHFベンチマーク 絆

「MHFベンチマーク 絆」 をやってみました。

もちろん自作パソコン2号機でテスト。

オーバークロック(Toubo40)でi5-760のクロック数は3.799GHz



GTX660SLI(NVIDIA 推奨設定)で1920×1080、フルスクリーンでの結果



次にMHFベンチマークではおなじみですが、同じくGTX660SLIでNVIDIA 推奨設定ではなく「フレームのレンダリングを強制的に交互にする 2」での結果です。



GTX660のシングルモードを忘れてました。

もちろんNVIDIA 推奨設定です。



このような結果になりました。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

3DMark (Ver.1.1.0) インストール SLI対応となった3DMarkのスコアは・・・

それでは2号機に3DMarkの新しいバージョン(1.1.0)をインストールします。

詳しくは4Gamer.netの記事をご覧ください。

マルチGPUへ正式対応し,「Ice Storm」のExtremeプリセットが加わった「3DMark」バージョン1.1.0登場。4Gamerミラーを更新

マルチGPUへ正式対応し,「Ice Storm」のExtremeプリセットが加わった「3DMark」バージョン1.1.0登場。4Gamerミラーを更新

 フィンランド時間2013年5月6日,新世代「3DMark」のバージョンが1.1.0へと 引き上げられた。2~4基のマルチGPU構成でスコアが上がらない問題にメスが入ったのと,「Ice Storm」に「Extreme」プリセットが加わったのがトピックだ。4Gamerのミラーもさっそく更新しているので,3DMarkユーザーはさっそ くアップデートを。


2号機にとって大事なのは・・・

●Version 1.1.0の修正内容(全エディションに共通)

  • 2~4基のGPUを搭載するシステムで性能が上がらない問題を修正
  • Windows 7を部分的にDirectX 11対応とする修正プログラム「KB2670838」が引き起こす問題に対処
  • カスタム設定で極めて高いレンダリング解像度を選択したとき,ブルームのポストエフェクトがおかしくなる問題を修正


SLIに設定してもスコアが上がるどころか、逆に下がってしまっていたのですが、今回のVer.1.1.0で修正されているということですので試してみます。

では、インストールが済むまでお待ちください。

・・・

新しいバージョンの3DMarkは4Gamer.netに用意されたミラーサイトではなく、FUTUREMARKのサイトからダウンロードしました。

http://www.futuremark.com/support/downloads

インストール前に旧バージョンの3DMarkをアンインストール

ダウンロード完了までには少し時間がかかりますね。

・・・

ダウンロード完了。

インストールに移ります。

・・・

インストール完了。

では、さっそく新しいバージョンの3DMark を試してみます。

・・・

1回目 何故かCLOUD GATEの途中で止まってしまいました。

ではもう一度・・・

・・・

2回目の前にPCを再起動させました。

今度は最後までスムーズに行きそう・・・

SLIが有効になっている感じがありありと感じられます。

動きが違う。

FIRE STRIKEの動きがまったく違います。

グラフィックもキレイです。

キタ―

この結果を待っていたのです。





ICE STORM、CLOUD GATE、FIRE STRIKE すべてのスコアが以前のスコアを上回っています。

FIRE STRIKE 7014

そうですよね~、これくらいのスコアが出て当たり前ですよね~

ん~満足満足!

ベンチマークテスト データ比較」をまた更新しなくては!

GPUのシングルモードもやり直し

・・・

GPUシングルモードの結果です。





GPUシングルモードはICE STORM が何故か少しスコアダウン。

しかし、CLOUD GATE、FIRE STRIKE共にスコアがアップしています。

新しく付けたケースファン「ENERMAX PCケースファン TBベガスデュオ12cm UCTVD12A 」のおかげもあるのでしょうか?

こちらも「ベンチマークテスト データ比較」を更新しておきます。

これでやっと悩みも解消して落ち着いて「シムシティ 」をプレイ出来ますね。

さらにキレイな街並みを見せてくれるかな。

 


           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

マルチGPUへ正式対応し,「Ice Storm」のExtremeプリセットが加わった「3DMark」バージョン1.1.0登場。

こんなことになっていたなんて・・・



4Gamer.netの記事より

フィンランド時間2013年5月6日,新世代「3DMark」のバージョンが1.1.0へと引き上げられた。2~4基のマルチGPU構成でスコアが上がらない問題にメスが入った・・・



そんな問題があったんですね・・・

ということは、私が自作パソコン2号機で「SLIでのスコアが上がらない・・・」と悩んでいた時間(日々・月日・・・)は何だったのでしょう・・・

そりゃあ、いくらBIOSをいじったり、グラフィックの設定を変えてみたりしてもスコアが上がらないわけだ・・・

・・・

新バージョン、3DMark バージョン1.10については4Gamer.netの記事をご覧ください。

マルチGPUへ正式対応し,「Ice Storm」のExtremeプリセットが加わった「3DMark」バージョン1.1.0登場。4Gamerミラーを更新 (バージョン1.10に関する情報は記事の最後の方です)


ということで、さっそくバージョン1.10をインストールしたいと思いますが・・・

3DMarkに関しては、本日購入して参りましたケースファンの話のあとでゆっくりと行いたいと思っております。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

3DMark 完走はしましたが・・・ GTX660SLI Turbo 50 オーバークロック その2

THERMALTAKE NIC C4/CPU Cooler/2*120mm fan/CU+AL サイドフローCPUクーラー 日本正規代理店品 FN668 CLP0607



GTX660搭載のグラフィックボード「Palit GeForce GTX 660 OC 2048MB GDDR5

何故かSLIでのFIRE STRIKEのスコアだけが低いという状態。

もう一度書きますと・・・

SLIではない通常の状態のスコアと比べると・・・

ICE STORM 135774 → 137674 UP↗

CLOUD GATE 14897 → 17586 UP↗

FIRE STRIKE 4309 → 2251 DOWN↘

ということで、とりあえずNIC C4のファンの回転数を最大にして、冷却性能を高めて、その結果がどうなるかを確かめます。

NIC C4のダイヤル式のコントローラーで回転数を最大に設定しました。

この状態で3DMarkを実行してみます。

とりあえず、アイドリング状態で30分ほど放置。

PCケース内およびCPU温度、各Core温度が下がったことを確認しました。

3DMarkを実行します。

結果は・・・

結果を見る前に「ダメだな」と思いました。

FIRE STRIKE のDEMOが始まると同時にカクカクし始めて・・・





NIC C4 の回転数を上げる前とほとんど変わりません。

ICE STORM 135774 → 138146 UP↗

CLOUD GATE 14897 → 17460 UP↗

FIRE STRIKE 4309 → 2297 DOWN↘

これはやはりSLIが上手く機能していないと考えたほうが正しいのでしょうか・・・

ということで、有り得ないことだとは思いますがSLIの設定をNVIDIA推奨設定から「フレームのレンダリングを強制的に交互にする 2」に変更してみます。



結果です。





結果はほとんど変わりませんでした。

NVIDIA 推奨に戻します。

さて・・・

どうしましょう・・・



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

3DMark 完走はしましたが・・・ GTX660SLI Turbo 50 オーバークロック

今度はSLIです。

オーバークロックはそのままの状態。

Turbo50による50%UPの状態です。

結果を言いますと、まず完走はしました。

そして、ICE STORM と CLOUD GATE のスコアはさらに良い結果が出ました。

ところが、何故かFIRE STRIKE のスコアが約半分になってしまいました。





2号機のグラフィックボードは「Palit GeForce GTX 660 OC 2048MB GDDR5

このGTX660搭載のボード2枚でSLI設定で3DMarkを実行しました。

SLIではない通常の状態のスコアと比べると・・・

ICE STORM 135774 → 137674 UP↗

CLOUD GATE 14897 → 17586 UP↗

FIRE STRIKE 4309 → 2251 DOWN↘

どういうことでしょうか・・・

とりあえず、出来ることといえばCPUクーラーTHERMALTAKE NIC C4のファンの回転数を現在の約1500RPMから約2000RPM(最大)にあげること。

あとはオーバークロックの設定をTurbo50からTurbo40に下げて見ることぐらいでしょうか・・・

・・・

まずはNIC C4 のファンの回転数を上げて冷却性能を上げて試してみます。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

久しぶりに3DMark完走 全てはNIC C4のおかげ? しかもOC設定で・・・

THERMALTAKE NIC C4/CPU Cooler/2*120mm fan/CU+AL サイドフローCPUクーラー 日本正規代理店品 FN668 CLP0607



全てはこのTHERMALTAKE NIC C4 のおかげなのかもしれませんね。

ベンチマークソフトをいくつか動かしてみようと思い、まずは3DMark 11 をテスト。

スコアは特に変わりなし(当たり前です・・・)

次に動かないと分かっていながら3DMarkを実行。

やっぱりデモ画面から先に進みません。

GTX660のSLIでダメだったので、SLIを解除して試しても見ましたが、やはりデモ画面から先に進まない。

途中で止まる原因がCPUのオーバーヒートにあるのかなとも思っていたので、NIC C4の導入で動くことを期待していたのですがダメでした・・・

ここまではいつもの同じで3DMarkが動かないという話。

ここからは3DMarkが完走して、しかも今までよりも良いスコアが出たという話です。

何をしたかというと、2号機に搭載しているASRockのマザーボード「P55 Extream4」の、BIOSに用意されている自動オーバークロック機能「Turbo 50」です。

以前にも1度試しましたが、OCで50%UPでは動かず、40%UPの設定が限界でした。

その原因ももしかしたらCPUのオーバーヒートにあるのかもしれないと思い、NIC C4を付けた今なら動くかもしれないと思い、試してみたのです。


システムで確認すると間違いなく4.20GHzで動いています。

動いたことだけでも満足なのですが、さらにもしかしたらと思い3DMarkを動かしてみました。

すると、なんと完走。

スコアは・・・





このような結果でした。

SLIはOffです。

オーバークロック状態ですのでアイドリング時でも温度は少しですが高めの温度を示しています。



オーバークロック前のアイドリング時の温度は下記のようになっていました。



オーバークロック前と比べて何度上昇しているかというと、CPU温度は5℃、Core0は8℃、Core1は5℃、Core2は2℃、Core3は7℃という状態です。

しかし、このオーバークロックで上昇している状態の温度でも、NIC C4を取り付ける前のリテールクーラーの時の温度よりも低い温度を示しています。

このTHERMALTAKE NIC C4 の性能の高さのおかげで50%UPのオーバークロックでも3DMarkが完走したのかもしれません。

ということで、続いてSLIでも試してみたいと思います。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

3DMark 記録更新 GTX660+GTX660(PhysX専用)

3DMarkの記録を更新しました。

ただし、自作パソコン2号機の設定が以前とは変わっています。

しかも、SLIではスコアがほとんど変わらないのに、スコアが良くなったのはGTX660+GTX660(PhysX専用)というほぼGTX660のグラボ1枚と変わらない状態の方です。




以前、このベンチマークテストを行った時の結果は「ベンチマークテスト データ比較」に掲載済みですが・・・

ベンチマークテスト GTX660SLI GTX660 + GTX660(PhysX専用)
3DMark
NVIDIA ドライババージョン314.22
Memory: 12288MB
ICE STORM 53567 57296
CLOUD GATE 13072 14099
FIRE STRIKE 2150 4199

右側のスコアが今回の記録を更新したグラフィックボードの設定と同じものです。

ICE STORM 57296 → 120062

CLOUD GATE 14099 → 14559

FIRE STRIKE 4199 → 4282

上記のように3種類のテスト全てのスコアがアップしています。

特にICE STORMは2倍以上のスコアが出ました。

以前との違いとしては、PCケースが新しくなった(RAIDMAX SEIRAN Red )ことは、スコアアップには関係がないと思いますが、メモリが8GBから12GBに増えたこと、NVIDIAのドライババージョンが320.00にアップデートされていること、BIOSでのオーバークロック設定で40%性能がアップされています。

しかし、大幅にスコアが変化したのはICE STORMだけでCLOUD GATEとFIRE STRIKEは微増に過ぎません。

でもICE STORMのスコアアップは極端な結果ですので、何かが起こったとした考えられないのです。

それが何なのかが分かれば、何故GTX660 SLIのスコアが伸びないのかもわかるかも知れないと思うのですが・・・

そしてもう一つ、このテストを行った2号機の仕様も3DMarkに表示されていますが、よく見ると少しおかしな表示になっています。

プロセッサーのクロック数が0MHzとなっているのはオーバークロックが原因だと思いますが、メモリが0MBと表示されているのはどうしてでしょう?

今回のICE STORMのスコアが正常な状態でのスコアと言えるのかどうかがわかりませんので「ベンチマークテスト データ比較」の3DMarkのスコアは更新しません。

SLIのスコアが良くなったら、その時には一緒にGTX660+GTX660(PhysX専用)のスコアも更新しようと思っています。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索



コガネモチ

ブログ内検索

広告

カウンター