<> トイレタンク内のボールタップ本体部交換|DIY(旧カテゴリー)|P-ROOM(ピールーム) 忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トイレタンク内のボールタップ本体部交換

我が家の2階のトイレなんですが、水を流したあといつまで経ってもタンク内に補充される水が止まらないのです。

当然、必要以上に貯まった水は流れていってしまいます。

応急処置として浮き球の支持棒にヒモを結んで、手洗いの水が流れる穴から上に出して、止まらない時はそのヒモを引っ張って水を止めていました。

でもそれでは解決したことにはなりませんので、ダメな部品を交換しようということにしました。

用意したのは・・・

TOTO:ロータンク用ボールタップ本体 <THYF2>:THYF2



では作業開始です。



まずはタンクにつながっているホースを外します。

我が家は温水洗浄便座をあと付けしましたのでホースですが、普通は水道管でしょうね。



作業はこの止水栓をマイナスドライバーで閉めてから行います。

止水栓を閉めて、タンク内の水を全て流してから作業を行いました。



一番困ったのはこの手洗いにつながっているホース。

これが外れないのです。

外れないので、とりあえず反対側、タンクのフタ部分のほうを外しました。



これでふたを外すことが出来ました。

浮き球も外しました。

浮き球はくるくると回すだけで外れます。



タンクにつながるホース外しました。



タンクの外側のナット(つば付きナット)を外すとボールタップ本体部が外れます。

本体部を外してから、先ほど抜けなかった手洗いにつながっているホースを抜きました。



新しいボールタップ本体部に今のホースを差し込みます。



浮き球も取り付けます。



新しいボールタップ本体部を取り付けました。



今回は本体に付属していた、この減圧プッシュという部品を組み込みました。

説明書には静音効果があると書いてありました。



減圧プッシュを組み込んでナットでホースを固定しました。



止水栓を開けて、状態を確認します。

水漏れなし、水が完全に止まることを確認。

ただし、以前よりも水位が下がってます。

実際にトイレを使って、この水の量で問題なければ節水になるので、とりあえずこのままにすることにしました。

上の画像に移っている手洗い用のホースをフタ部分に接続。



手洗いからの水も正常に出ました。

ということで、これで完成です。

まぁ比較的簡単でしたね。

手洗い用のホースが本体から外れないのが困りましたが、本体をタンクから外してからホースを外すと外しやすいです。

以上で、今回のDIYは完了です。



           


blogramのブログランキング   


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索



コガネモチ

ブログ内検索

広告

カウンター