<> TOSHIBA 東芝 USBフラッシュメモリ 8GB|PCパーツ・周辺機器(旧カテゴリー)|P-ROOM(ピールーム) 忍者ブログ

P-ROOM(ピールーム)

PCとPSの情報を中心に

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

TOSHIBA 東芝 USBフラッシュメモリ 8GB

TOSHIBA 東芝 USBフラッシュメモリ 8GB



持ってる人はたくさん持っているでしょうけど、私はほとんど使うことがないUSBメモリ。

何年も前に1個買いましたが、使おうと思って探しても出てきません・・・

何に使うのかといいますとWINDOWS10のインストールです。

WINDOWS10のメディア作成ツールを使ってインストールメディアを作成するためです。

ネット上の情報によりますと32ビット用と64ビット用は別々なメディアを作らなくてならないようです。

我が家の自作PC2号機は64ビット、他の3台は32ビットです。

ということで、USBメモリを2個購入することにしました。

※私が見たネット上の情報は中途半端な情報だったようで、正確にはインストールメディアを作るためのメディア作成ツールには32ビット用と64ビット用がありますが、作成するインストールメディアには32ビット用と64ビット用の両方を1つのUSBメモリに作成することが可能です。
ただし、32ビット用と64ビット用のどちらか専用のインストールメディアを作る場合に必要な容量は約3GBですが32ビット用と64ビット用の両方で使えるインストールメディアを作成する場合には4GB以上の容量のUSBメモリが必要です。
ということで、8GBのUSBメモリに32ビット用と64ビット用の両方で使えるインストールメディアを作成することにしました。(2015年8月13日訂正)


インストールメディアを作成するUSBメモリの容量は4GB以上必要とのことでしたので、少し余裕を持って、8GBのUSBメモリを購入することにしました。

USBの規格には2.0や3.0などあるのですが、もちろん3.0のほうが高速です。

高速ですがUSBメモリの価格は当然新しい規格のもののほうが高くなります。

頻繁に使用するわけでもありませんから安い2.0規格にしました。

探してみるとビックリしたのは種類の多さ。

聞いたこともないメーカーの製品には安いのがありましたが・・・

いろいろ悩んでこれに決定!




東芝製のUSBメモリです。

本当は無くしたら嫌なのでキャップのないタイプが良かったのですが、そうなるともう少し高いものになってしまうので、今回は低価格重視ということでこれにしました。

ということで、届きましたらまたご報告いたします。








拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索



コガネモチ

ブログ内検索

広告

カウンター